スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播州清水寺&大川瀬ダムサイト バス釣り

午前の仕事が無事に終了した
冷玄米茶を片手に一息付いて、今日の仕事の予定を調べると午後イチで1件サイトの監視業務の報告書を提出したら、後は日付け変更線までフリーと判明したw

釣り・・・と言ってもこんな時間に行ったって100%釣れっこない
考えた結果、以前話に聞いていた播州清水寺へ下道でのんびり行って、状況を見て東条湖水系か野池かを探ってみようという、またもや フリーダム な計画を立てた(笑)


ナビをセットして出発
ありがたいことにエアコンがよく効く車なのでジリジリと照りつける太陽も気にならず快適なドライブとなった。

到着した播州清水寺は西国第二十五番札所らしく、お遍路っぽい格好の年輩の方が多い。
きっと八十八か所では飽き足らず 全国の仏閣を制覇して回る気だな・・・恐るべき精力的さ加減

うむ・・見習わなければなるまいな



駐車場に車を止め、出迎えてくれるのは朱色の煌びやかな門、左右には阿吽像まで配されており結構な迫力だ

くぐって歩いていると、茶店が閉店準備をしていた Orz
なぜだ、まだ15時過ぎだというのに早過ぎないか・・・その漬物を試食させない気か!?ww
漬物は諦め、順路を辿って行くと大講堂についた。中には入らずぐるりと周りを囲む廊下をスタスタ歩く、何度も言うが靴を脱いでお守りや何やらを売っている構内には入らなかった(だって、お坊さんたちが談笑してたから、何も買わないような冷やかしでは入りづらいぜ・・・ヾ(´ε`;)ゝ )



そしてお次が、この清水寺の名前の由来となった「滾浄水 おかげの井戸」、決して ゲゲゲハウス ではない
この湧水の井戸を覗きこんで姿を写すと寿命が3年延びるそうだ、「毎年来ると2年ずつプールされるな( ・∀・)ニヤリ」と思ってしまった事は果たして罰あたりなのだろうか??逆に信心深いっつーことになりはしないのだろうか・・としばし考えてみる(笑)

とにかく寺院内は花であふれていて、今の時期は百日紅の鮮やかな桃色やアジサイの白色がきれいだった。

鉄欠乏で体内のヘモグロビンが少なく、疲れやすいので早々に清水寺を後にした(年で疲れやすいのではないww)

東条の道の駅で黒豆アイスを食べつつ(ご当地ソフトww)東条湖水系をチラ見していくものの、水がない(ノ≧ロ)ノ

しょうがないので、車を帰途に向かわせつつ途中の大川瀬のダムサイトを見てたら、ここも 激しく大減水
上流の方でガードレールの隙間から降りれそうな所があったので、ちょっと降りてみる。
干上がった川は水がとどんでいるので生臭い匂いが当たりに薄く漂っているが、まぁ仕方ない(苦笑)
滑りそうになりながら川を覗くと、生命反応はありそうなので、ちょっとトップを投げてみることにする。

数投杭や流木などのストラクチャーの間を責めると、ガボッと出た。
上がってきたのは30センチオーバーサイズの微妙なバス(しかも写真撮り忘れたwww)

その後ロッドを持って行かれそうになりながら上げたのは雷魚・・・
70オーバーのコイツは折角上げたのに携帯を構えてる隙にズリズリと川へ戻ろうとするのだけど、それがまた引きずり込まれるんじゃないかってくらいの激しさ。。(;´Д`A ```

口に手を入れるのは憚られたからランディンググリップを探したのだが見つからない!!Σ(=∇=ノノヒィッッー!!ムリムリ手なんか突っ込めないってこの口には。。。
ヌルヌルする体を引っ掴んで写真を取ろうとしたらグネグネと身をよじらせて川へと帰って行った・・・靴を泥だらけにされるっつー置き土産付 Orz




その後、久しぶりに兵庫県内でバスを上げれたので満足して本当に素直に帰路についた。
帰りにうどんを食べて家へ

日付変更線までには時間があったが、この24時過ぎの仕事をやるのに起きておくのが今日一番の苦行だった・・・( =д= )
昼間に階段を上り、夕方にバス釣りをして起きていられないないよ><
まぁ、そんな子どもみたいな言い訳できっこないのでフラフラになりながら仕事して就寝しましたとさ(苦笑)

今日も今日とて長い文章ですんませんm(。_。;))m ペコペコ…
関連記事
FC2 Management

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
フリーエリア
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。